キャッシング審査かんたん攻略法

難しい金融知識なんて不要!簡単に審査について説明します。

消費者金融の審査って難しく考えなくても大丈夫!

OZP86_sutaraisupenmottabiz_TP_V.jpg   消費者金融の審査はどこも同じって考える方も多いかもしれませんが、微妙なところでハードルの高さが違う気がします。ただ基本的な審査項目は同じだと言えますのでそれらを記します。

  消費者金融の借り入れを検討している方にとって一番不安に思うのが審査だと思いますが、まず現在の勤務業態が正社員で、ある程度の勤務年数、もちろん収入があればどこで借りるにしても審査もそれほど時間もかからず総量規制枠内までは借りられると思います。

  審査の基本的基準は、継続的に一定の企業で働いている、と希望借入額が総量規制に抵触しているかどうか、にあります。

  例えば非正規の派遣労働者だとしても同じ場所での就業をしていれば借り入れ希望額にもよりますが、審査が通る可能性は十分あります。審査の内容として、勤め先や派遣元などに確かに在籍しているかどうかの確認の電話が行くこともあるかもしれませんが、消費者金融の名前を出すようなことはありません。


もちろん年収を偽っても源泉徴収票などの年収に関する証明の提出を催促される場合もあるので自分の情報をちゃんと正しく申告すれば何も問題もありません。

ようするに、堅実な勤務実績と自分の情報を誠実に申告してさえすれば審査は借入額の多い少ないは別にして通すことが可能なのです。

 

他人と接触しないで審査申し込めるキャッシングがある


キャッシングに申し込みたいけど、あまり他人と接触したくない、スタッフとのやりとりが面倒だ、という方もおられるのではないでしょうか。そんな人のために現在では、ネット上の手続きだけで契約ができるキャッシングも登場しています。



他人と接触したくないならWEB完結できるキャッシングを選ぶ



他人と一切接触せずに契約までを終わらせられるキャッシングは、「WEB完結型」と呼ばれています。スタッフとの会話を避けたいという人であれば、このWEB完結型で申し込みができるキャッシングを探してみましょう。キャッシング申し込みの過程では、スタッフから電話がかかってきて本人確認をするステップが含まれます。WEB完結型ではこのステップがなく、書類で本人確認を行うのです。



ただしいろいろな条件がある


スタッフと会話せずにキャッシングを利用できるWEB完結型ですが、申し込みにはいくつか条件があることがほとんどです。まず、必要書類が多いという特徴があります。通常のキャッシング審査では、本人確認書類だけが必須、あとは場合によって収入証明というパターンでした。しかし、WEB完結型ではたいてい収入証明も必ず提出することになります。これは電話で本人確認をしないぶん、他の書類での確認を強化しているのです。そのほか、特定の銀行の口座を持っている、社会保険証が必須など特殊な条件を要求されるものもあります。


▼誰にもバレずに借りることもできます
プロミス自動契約機最速ガイド
 

年収金額の1/3以上でもOK!総量規制の対象外って?

お金を借りるとき、何円貸してもらえるのかって気になりますよね。借りられる金額は、総量規制という法律で「年収の1/3の金額まで」と決められています。でも、総量規制の対象外のものであれば、年収に関係なく何円でも借りることができるんですよ。



【対象外のものって?】

対象外となるものは色々あるのですが、とくに私たちの生活にとって身近なものをご紹介します。「銀行」「住宅、車のローン」「緊急時」「クレジットカードのショッピング枠」などが対象外となります。



・銀行…総量規制は銀行でなく、クレジットカード会社や消費者金融を対象としています。

・住宅、車のローン…住宅購入費やリフォーム代、車の購入費。

・緊急時…急病や事故などによる緊急の医療費。

・クレジットカード…ショッピング枠は借金ではなく、後払い機能だから対象外です。



金融業者からお金を借りるとき、審査で「他社からの借入金額」を調べられますよね。もちろん借入金額が多い人ほど審査に落ちやすいです。でも対象外のものは、他社からの借入金額には含まれません。



例えば、年収600万円のAさんが、○○金融業者で200万円の自動車ローンを組んだとします。自動車ローンは対象外だから、他社からの借入金額に含まれません。ですからAさんは、さらに200万円まで借りることができます。